留学するときに必要なこと

留学をしたいあなたへ

まず最も大切なのが会話力です。
これがないと、結構しんどいです。
というのも、海外の授業では、ディスカッションがベースに行われるものが多いので、初めはそれについていくのがしんどいかもしれません。

 

ここで、「えーやっぱりそうか。だったら、英語そんなに得意じゃないしやっぱり留学するのはやめておこう。」と思ったそこのあなた。

 

大丈夫です。心配いらないです。
留学は、やろうと思えば誰でもできるものです。
そもそも、実際に行動に移してみないと自分ができることも、出来ないと思い込んでしまって、自分で自分の可能性を小さくしてしまいます。

 

私も、じつは留学には消極的な人間の一人でした。
人見知りが激しく、英語も中学生レベルで、別に初めからスピーキングが上手かったわけでもありません。
留学中に自分の英語力の低さに何度も悩まされてきて、やっといま軌道に乗ってきたところです。
そんな私でも出来たんだから、留学なんて本当は誰にでもできることなんです。そして個人的に留学に必要なものは2つあると考えます。

 

  1. 友達
  2. 場数

です。

 

 

友達

これは、日本にいる友達でも、留学中近くにいてくれる友達でも、誰でもいいです。
留学中にスランプに陥ったときに助けになってくれる、話を聞いてくれるひとが必ず必要です。
留学したことがある人はわかるかもしれませんが、意外と想像以上にしんどいことが待っています。

 

例えば、日本国内にいた時は自分の英語力はまあまあある方だと感じていたのに、現地に行ってみるとネイティブの力に圧倒されてしまい、自信を喪失してしまう。
アメリカには、もっとたくさんの楽しいこと、場所があると思っていたのに、車社会で車がないとどこにも行けないし、買い物するにも一苦労で疲れる。

 

今までは、お母さんが食事を作ってくれて、洗濯、掃除をしてくれていたけど、すべてじぶんでやらないといけない、これが意外とうまくいかなくて、しんどい。
などなど、予想していなかったことが多々自分に降りかかってきます。
それがどんどんとストレスにつながっていき、そんな時に話し相手が少しでもいるとまだ、気持ち的にもましになります。
特に、留学経験のある友達を持つというのは、留学する際にはとてもメリットがあります。自分がどれだけつらいかを分かってくれる相手を持つことは非常に重要です。

 

場数

場数を踏むことが一番重要です。
これは最初に述べた、会話力が大切、ということにつながっていきます。
日本人はよく引っ込み思案で、小さな失敗を長くずるずると引きずったり、自己中心的なアメリカ人とのそりが合わない、ということがよく起こります。

 

私も、よく他人のことを気にしすぎたり、失敗を恐れるあまり、全く人と会話をする気が起こらなくなったりしていました。
しかし、今考えてみると全部おかしなことに思えて仕方がありません。

 

自分の英語の発音にコンプレックスがある→誰とも話さなくなる→結果全く自分の英語力が上達しない、という無限ループに陥ってしまっていました。
でも、本当は、自分の話す英語にコンプレックスがあるからこそ話さないといけないのです。
たまに、なんて言ってるかわからない、発音おかしいよ、と直接言われることも多々あり、ネガティブは頂点にたっしていました。
それでも、英語で話す機会が増えていくうちに、どんどんとそういうことを言われるのにも不思議と慣れていき、だんだんとこう思うようになりました。
「英語は私の母国語じゃないんだから、へたくそで当たり前じゃん」そう思うようになってからというもの、意地悪なひとに英語がへたくそだと言われても、「母国語じゃないからね」という強気で人と接していけるようになりました。
そして、だんだんと場数を踏んでいくうちに自然と英語力が伸びて行ったのです。
なので、もし英語にコンプレックスを持っている人は、是非強い気持ちをもって留学に挑んでほしいと思います。

 

 

関連ページ

自己紹介
留学志向のある方へのGPAの取り方を紹介します!
留学前のGPAの取り方
留学志向のある方へのGPAの取り方を紹介します!
留学先でのGPAの取り方
留学志向のある方へのGPAの取り方を紹介します!
留学志向の英語勉強法
留学志向のある方へのGPAの取り方を紹介します!